薄毛対策 | 薄毛対策をして頭皮に投資しよう

USG’s Station

馬鹿にしないでよ

日本では、なぜか容姿を見ただけで馬鹿にされてしまう風習がある。
例えば、「太っている」、「はげている」、「ファッションがださい」こういったことで、勝手に下に見られてしまうのだ。
だから、街中を歩くときも、電車に乗るときも、周囲の視線や表情を気にしてしまうこともある。
頭を見られるのが嫌だから、帽子をかぶるようになったという人もいるだろう。
子どもは、何の悪気もなく、友達同士で「はげ!」などと言い合いをすることもある。
通勤途中、そういった言い合いをしてはしゃいでいる子どもとすれ違うと悲しい気持ちになるのではないだろうか。
少しずつ、世の中の端のほうへと追いやられていき、自分の居場所がなくなっていく、そんな感覚に陥ってしまう可能性がある。
薄毛ゆえに、最近妻が優しくないと感じている人も、中にはいることだろう。
それで悲しい気持ちになる人は、きっと妻を愛している人だ。
だが、愛ゆえに人は悲しまねばならぬのだ。愛ゆえに……。

そういった周囲からの罵倒や嘲笑、プレッシャーに押しつぶされそうになり、ストレスを抱えてしまえば余計に薄毛は進行してしまう。 男なら、いつでも心に余裕は持っておきたい。広いおでこではなく、広い心だ。
周囲に押しつぶされそうになった時、心の中でもいい。心の声を大にして「馬鹿にしないでよ」と唄うのだ。
そして、始めるのだ。薄毛対策を。
馬鹿にされるのが嫌なら、薄毛対策を行なって髪を生やしてやればいい。そして、見返してやればいい。
誰も文句は言わなくなるはずだ。周囲の視線も気にならなくなるはずだ。
自分自身に自信を持ち、強く生きることができるはずだ。
だが、薄毛対策にもさまざまな方法がある。また、適切な方法を取らないと逆効果になる可能性もあるだろう。
では、確実な薄毛対策は、どういった方法があるのか。

薄毛対策には、大きくわけると2つの方法がある。
1つは、自分自身で行う方法。もう1つは、専門クリニックで治療を受ける方法。
いずれにしても、食生活など生活習慣を見直す必要がある場合もある。
今一度、自分自信の普段の生活を思い返してみよう。
食事や睡眠、喫煙などはどうだろうか。もしかしたら、髪に良くない生活を送っているかもしれない。
自分で薄毛対策を行うにしても、専門クリニックで治療を受けるにしても、根本的なところから解決していかなくては意味がない。
このサイトでは、「薄毛」という悩み、いやその概念そのものを消し去ることができるように、薄毛対策についてお話していきたい。
「もう薄くなってきているから……。」「父も祖父も薄毛だから……。」と諦めるのは、まだ早い。今からでもできることはある。
大切なのは、諦めない気持ちと継続することだ。そのために、必要なことを、今ここで身につけてほしい。